結晶

釉薬の中から魔法の如く浮き出てくる「結晶」はヨーロッパの官窯であるフランスの「セーブル」で生まれました。
この人智を超えた紋様は、宇宙の神秘さをも感じさせてくれます

日本の官窯である「三川内焼」からヨーロッパの官窯に挑みます。


 

 

 

「価値ある結晶釉」とは、その器と結晶の大きさのバランスです。



白結晶 プレート 

15cm 20cm 26cm 各種 



結晶釉のフリーカップ
まるで花咲く陶磁器です。


            白結晶 珈琲碗皿
            (w8 * h7.5 皿w14)


 

 

 

  結晶 小煎茶
  (w6 * h6
)

結晶の色は、白、緑、青とありますが、
その他の色(赤、ピンク、etc)は、
特注となります。



 

 

 

 

 

グリーン結晶フリーカップ
(w8.5 * h10)



結晶コップ 各種 奥より、ブルー、グリーン、ホワイト
(w5.5 * h9.5
)


 

 

青結晶ソバチョク

h7.5 * w6.8


 



結晶 グリーン 飯碗 
(ホワイト、ブルーもあります)

大 (w12.6 *h6.2)
小 (w11.4 *h5.8)



青・結晶 鉢 (w21 * h6) ホワイト、グリーンの色もあります。

 

結晶釉とは、釉薬の中に結晶の花を咲
かせる 技法です。歴史は、百年前の
ヨーロッパの 官窯に始まりますが、
安定した焼成にたどり着く事は

少し難しい。

五光窯は、技術的困難を乗り越え、
一般食器としてお贈り出来るまでに
この技を極めました。